白黒モノクロームの婚礼写真

白黒の婚礼写真

昔懐かしの貴重な白黒モノクローム婚礼写真。

ご自宅でされた祝言の様子です。
床の間の前でご身内で撮られた大切な一枚!

花嫁様のお支度に時代を感じます。
どれが正しいという花嫁支度(着付け)は確定されておりませんが
時代により少しずつ変化していくものです。

花嫁様の顔立ち、体系や首の長さなどは勿論・・・・、
着付け師の左手に力が入る・・・右手に入る・・・・、
手首のひねりなどで仕上げや衿の角度、抜き方の癖が違います。

その時代の、流行もあるかもしれませんが
舞妓、芸妓さんの着付け師さんの間でも、
この衿の出し方は○○師の仕事かな・・・。この帯の高さは○○師かな?
と分かるようです。

昔も今も、写真を見れば時代の流行がよく分かりますね。
今回のお写真も、貴重なヒストリーです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。