2018年の成人式の続き 振袖

キャプチャ2

1月の行事
年初めから、今年の成人式も無事おわり
いよいよ、節分の季節へと。

今年も、元気な新成人の晴れの日をお手伝いする事が出来ました。
親元を離れ、県外の大学で勉学と、色々に励んでいる御嬢さん。

早朝から、楽しくおしゃべりをさせて頂きました。

個性的な感覚と、潔い感覚が、大人!!
楽しみです^o^

大人の振袖コーディネート

CIMG4194

振袖を着れる期間は短し・・・。
振袖を購入するとき、将来は袖を切って仕立て直し
訪問着として着る・・・・。
そんな話をよく聞きますが、実際はそこまでして
着ないのが現状です。

ずーっと眠っていることも多いですね。。

現代は、30歳を超えても独身の女性も以前よりは多くなり
未婚という事で振袖になりますが
成人式で誂えてもらった着物は、若すぎて・・・という事も
しばしば、、、、、
大人ステキ☆彡にピンク色も着こなせるコーデ。

帯も小物も規制から外し、着方も大人ステキ☆彡に
衣紋を通常より抜き、着物ですがスカーフを身にまとうように
大人の着方で振袖を着こなす!!
しなやかで結構いけてました。

有名作家の振袖
タンスに眠らせるにはもったいない!!

徳島アンティ‐ク花嫁衣裳

CIMG0004

春爛漫の心地よい季節がやってきました!
厚手の洋服しまおうか・・・、もう少し様子を見ようか??
そんな自問自答も、そろそろ本格的になってきた今日この頃です。。

アンティ‐ク花嫁衣裳も春らしくお目見えいたしました。
辻が花調の落ち着いた光沢が豪華さ演出してくれる
ベージュ基調の色打掛。
辻が花の訪問着のように、品のある可愛らしさで
模様が描かれています。

すっきりとした印象を与えてくれる作品です。
四季折々、恵まれた日本に相応しい季節感で、
来て頂いた方々に印象の良い打掛だと思います。

アンティ―クにこだわり、kawaii♪ japanese Bride♪を
表現していければ嬉しい限りです(^^)

徳島の和装婚礼

img62578619

儀式の装いは大きく分けて冠婚葬祭と
明暗の決まりがはっきりしているものです。
先日、婚礼でお手伝いさせて頂いた台湾の花嫁様。
同じアジアではありますが、少しずつ文化の違いがあり、
大変に興味深く勉強させて頂きました。

和装婚礼で神社といば、白無垢(白)が定番です。
会場のあちらこちらに、白がある風景に違和感はありません。
白は、純粋・清楚・無垢をイメージさせ、赤や銀が入り
より厳かに祝いを演出します。日本の場合ですが・・・。

台湾では、白は喪をイメージさせるため、前面に赤でお祝いをするそうです。
日本でも赤はお祝いのイメージですが、差し色的で「厳かに・・・」
「粛々・・・」さを感じさせます。台湾は赤の分量が半端なくダイナミックで
祝を表現するようですが、花嫁衣裳はチャイナドレスかと思いきや台湾では、
WDやCDドレスでする事が多いようです。

徳島の和装婚礼と言うわけではありませんが、日本の儀式(婚礼)衣裳は、
世界的にも芸術としての評価もされています。
日本人の美意識・感性・繊細さが「願い」を込めた芸術作品となっています。
どんなに高価でも、先染めの和装(織や紬、お召しなど)は儀式には向きません。
白地から染め上げる後染めが儀式にはふさわしいと言えます。

その一つ、本手描き友禅の花嫁衣裳は縫い目をそって一枚の絵画のように
表現されています。青花という露草の花を搾った汁で下絵を付けや
押し友禅、金彩工芸などの匠の技で仕上げていきます。
刺繍織のようなボリューム感のある豪華さとはまた違い、
人の手が入っているという繊細な手描き感や
絹の肌触りが軽く、体に添って綺麗なシルエットを出してくれます。
金彩工芸、押し友禅の職人の技を見るのも楽しいものです。

次は、どんな芸術に出会えるか楽しみです!!

花嫁アンティ―ク着物の風通し

CIMG4037

派手なカーテンではありません。
来る人来る人・・・「どしたん?」と入ってくる今日なのですが・・・。
刺繍等で重さがあるもの含め、上げるのは
結構、腕がパンパンになるんです。

藍ぞのは、予約制にして頂いているので
来客予定が無い時、
天気が良くて風が通りが心地いい時、気分が良い時?
そんな時は、
アンティ‐ク衣裳のメンテナンスです!!

能衣装の束帯を思わせるような刺繍の衣裳があったり
お茶をされる方が茶器道具を包む名物裂な感じの文様が施されていたり
よ~く見ると、不思議な文様を発見しながら
時間とタイミングと気分?でしています。

アンティ―クは、着物によっては繊細で布や糸が維持しにくい
物もあるので主には、モデルさん撮影に使用している分です。
タンスにねかせておくより、皆さんの目にとまり
袖を通して頂いてこそ、職人さんもそれを着せてあげたいと
与えてくれた人も喜んでくれるものなのかな・・・と
勝手に思っています。

さあ、何時になったら元の場所に戻そうかな。。
次は、そのタイミングとの戦いです!!

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

おすすめ婚礼プラン

古き良き日本の結婚式

レンタル衣装から着付け・ヘアーメイクまで、藍ぞのがトータルサポート!

おすすめフォトプラン

阿波の文化財をロケ地に

徳島の阿波文化を感じられる「藍ぞの」オリジナルフォトプラン。