淡路の國一宮 伊弉諾神宮挙式

CIMG3723

「淡路の國一宮プラン」婚礼プラン

「日本で一番最初に生まれた島」と言われている淡路島。
古事記に記されているように、とてもメルヘンチックな神話が此処にはあります。
進化論を否定するクリスチャンを???と感じるように
神話も又、その一つかもしれません。。
ただ言える事は、人間の命の湧現は神秘で尊い。
偶然はなく、意味あって与えられて生きる・・・。
人・国それぞれ解釈は違いますが、国違えども人間のルーツを悟り表現して伝えていく形は
似ているなと「地球人」だなと考えさせられます。

ここ淡路島 伊弉諾神宮での婚礼は知れば知るほど探求したくなるぐらい
神様気分になれる結婚式が執り行われます。
「天の御柱」という巨大な柱のまわりをお互いに回って出逢ったところで声をかけ契り(婚姻)を結びます。
女性から先に声をかけたら国生みがうまくいかなかった・・・という説があり、次に男性から声をかけたら
うまくいったというお話が残っていることから新郎から声をかけるようになっています。
伊勢神宮から譲り受けた木材で天の御柱としています。
日本最古の結婚式を再現されています。
この儀式を「御柱回合之儀」といわれています。

現在は、略式で挙式時間を20分ぐらいに短くしている神社が多いです。
ここでは、挙式時間も略式ではありません。40~45分執り行われます。
宮司さんが最後にお二人にお掛けする言葉もとても心があらわれます。

花嫁様お支度でお伺いするときも、スタッフの中でも人気の神社です。
「何かいい~。。」と言っています^^
何がいいの~のか?はっきり言えない所が雰囲気・・・気というところなんでしょうか。。

樹齢900年ともいわれる「夫婦の大楠」からも大きなエネルギーを感じて頂き
係わった新郎新婦の夫婦円満を願いたいものです(^^)

大人の振袖コーディネート

CIMG4194

振袖を着れる期間は短し・・・。
振袖を購入するとき、将来は袖を切って仕立て直し
訪問着として着る・・・・。
そんな話をよく聞きますが、実際はそこまでして
着ないのが現状です。

ずーっと眠っていることも多いですね。。

現代は、30歳を超えても独身の女性も以前よりは多くなり
未婚という事で振袖になりますが
成人式で誂えてもらった着物は、若すぎて・・・という事も
しばしば、、、、、
大人ステキ☆彡にピンク色も着こなせるコーデ。

帯も小物も規制から外し、着方も大人ステキ☆彡に
衣紋を通常より抜き、着物ですがスカーフを身にまとうように
大人の着方で振袖を着こなす!!
しなやかで結構いけてました。

有名作家の振袖
タンスに眠らせるにはもったいない!!

平日の大麻比古神社!婚礼写真。。

CIMG4170

平日の晴れの日!!
静かな境内で、婚礼の撮影をしました。

大麻比古神社の表門である朱色の大鳥居!!!
迫力ある堂々とした鳥居の前で・・・・、
シャッターをきります!!!!!!!

平日の静かな日ではありますが
他の祈祷などで、少々いつもより人の声が静かな境内・・・。

裏手のスポットや、大楠の前、
めがね橋に鳴門鯛の酒樽の斜め前・・・・・・
思う存分、ベストショットを撮らせて頂きました。

まずは、大麻比古神社入り口の
大鳥居前で・・・・・・、
伸び伸びと、ハイー!ポーズ!!
ダイナミックさが伝わりますね・・・。

何よりも、凄くいい天気に恵まれました。。

徳島 アンティ‐ク・ウエディングドレス

PDE_4208

婚礼シーズン、幸せいっぱいの花嫁様を仕上げます!

和装専門の、藍ぞのではありますが
ドレスお支度のご依頼を頂くこともあります。
アンティークにノスタルジックに時代を超えた演出で
撮影に臨みます。

花嫁に大切なのは、「初々しさ・・・」だと思っています。
ドレス・・・着物・・・、に係わらず
第一条件が、初々しさ・清楚ではないでしょうか。

ドレスであれ、着物であれ、
「花嫁」の印象は、日本人の「らしさ・・・」を追及して
お支度させて頂いております。

この度の花嫁様は、日本人女性の「凛」とした佇まいと品格のある
女性らしさ、可愛らしい心の花嫁様でした。
まだまだ若い花嫁様ですが、知的で大好きな花嫁様です!
当日まで沢山お話をし、一緒に取り組んできました。
その分、身内のような感覚になってくるものです。

携わらせて頂いたお二人が、幸せになる・・・。
これほどの喜びはありません。
4月も中盤ですが、今年も桜の時期に
大切な時間を共有させて頂きました。
ありがとうございました^^

徳島の和装婚礼! 瑞巌寺 撮影

CIMG4168

雨が続き、今年の桜も見納めのこの時期。
諦めかけていた桜の撮影も無事に終わりました。

徳島ワシントンホテルでのお支度から瑞巌寺までの桜並木と神社での撮影。
新町小学校の塀沿いを咲く桜道をでシャッターをきります!!
校庭で遊ぶ子供たちの声を聴きながら、久しぶりの天気に
見守られました(^^)

瑞巌寺は・・・・、
眉山山麓の地形を生かした庭園が有名な寺院で、
二つの茶室を持つ池泉回遊式庭園です。
境内に湧き出る粟名水の「鳳祥水」やキリスト教の信仰が禁じられた江戸時代に
マリア像を灯籠に刻んだ「キリシタン灯篭」など歴史を感じる見どころが沢山あります。
お茶会でも使われる和室は、庭園の樹木と山麓につながる木々が
眉山の傾斜を見事に利用した絶妙のフォルムです!

この時にしか、肌で感じる事の出来ない季節感や
眉山から下りてくる心地良い風も満喫して頂ける撮影です!

花嫁様が一目ぼれした手描き友禅の色打掛。
緑豊かな中に、ひときわ目立つ衣裳でした。
しかも・・・、良く似合っていて斬新な色とデザインの衣裳を
素敵に着こなしてくれていました。

長時間の撮影でしたね。
大変にお疲れ様でした。
楽しみに、待っていてくださいね(^_-)

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

おすすめ婚礼プラン

古き良き日本の結婚式

レンタル衣装から着付け・ヘアーメイクまで、藍ぞのがトータルサポート!

おすすめフォトプラン

阿波の文化財をロケ地に

徳島の阿波文化を感じられる「藍ぞの」オリジナルフォトプラン。