徳島 阿波の國 忌部神社挙式

image5

朝、カーテンを開けて確認しました。。
天気がどうか・・・?
無意識で、婚礼のある日は朝一番に天気の様子を確認します!
雨? 地面は濡れていて車のフロントガラスは降ったばかりの
雨で覆われていました・・・。

・・・でも、晴れました☀
昼前には汗ばむ天気に☀

忌部神社は、山の峰に有る為空気も若干ひんやりしていますが
その分、紫外線も直接です!!
今日は、週末ですが静かな境内。
時折、撮影中に蝶がひらひら仲間に入り
お二人を祝ってくれていました。

ご家族だけの和やかな神社挙式。
お一人お一人のお顔が見えて素晴らしい挙式となりました。
いつまでもこの日が、お二人の始まりであったことを
思い出して頂けるようなそんな一日になればとお手伝い
させて頂いています。

おめでとうございます(^^)

淡路島国生み伝説にまつわるパワースポット!!

023

兵庫県にある淡路島・・・。
四国にある徳島・・・・・。

橋をまたがり近いようで遠い、遠いようで近い・・・
なんとも不思議な距離感にある。

婚礼で、度々お邪魔する淡路島。
都会からもほど近い、それであってリゾート感あり!!
日本全国をみてもこんな凝縮されたアイランドは他にないでしょう。

婚礼でお邪魔する事が多い私達ですが、伊弉諾神宮の位置する
伝説は興味深い物があります。

私達、婚礼の時は参集殿近くの鳥居から入るので気が付かなかったのですが
正面鳥居から入ると「陽の道しるべ」モニュメントを見る事が出来ます。

日本における太陽の動きを記した図表。
全国各地ランダムに配置されているように思いますが、しっかり意味のある場所に
存在していることが分かります。

但馬国一宮 出石神社、信濃国一宮 諏訪大社、高千穂神社、出雲国一宮 出雲大社、
伊勢神宮・・・・。
冬至、夏至の日の入り日の出の関係が分かります。その中心、つまり淡路島が
どのような位置に存在するかが良くわかります。

パワーあるアイランド・・・!
分かる気がしました。

宮司さんは、婚礼儀式もはし折ることなく完璧に執り行ってくれます。
その為、時間も他に比べて長いです。
素晴らしいと思いました!

この晴れの日も、また新しい夫婦が誕生します。

この場に居れて、ありがとうございました!

婚礼本番!!打合せの日々。。

024

シルバーWKに入り、車通りも若干静かな感じがしています。
藍ぞのは、藍住ICにも板野ICにも近いロケーションに位置するので
県外からのお客様の場合は、「思ったより近かった!!」と言って下さいます。
神社にも近く、下見をしたり祝宴場所を確認したりと便利です。
結講穴場の素敵なカフェやお気に入りの洋食屋さん・・・、
「よかったら帰り際にどうぞ」・・・と紹介したり。
SWしかも、凄く天気がいいのでしばらくは、スポットは人がいっぱいなようです~。

そんな中、藍ぞのを探して来てくださるおカップル!!
分かりにくくて通り過ぎる姿もチラホラ。。
当初は、お受け出来る範囲のみで看板は上げずにご紹介様のみの婚礼お支度でしたが、
有り難いことに、藍ぞのを知り訪ねて来てくださるカップルが度々いらっしゃいます。
「近くにいると思うのですが・・・(・_・;)」という電話も増えました。
そんなこともあり、看板を付けましたが・・・まだまだ控えめです。。

格子が特徴なのと淡路瓦の建物です!
通り沿いなのですが、あるタイミングで過ぎてしまいます。
地図が悪いのかな~?
見つけた時には、電話口で「ありました~!!」と駐車場に入ってきます。
帰りには「次は、迷わず来れると思います!!」と帰って行きます。

路地裏、隠れ家的・・・レトロな・・・そんなのではありませんが、
私らしい出し方だね・・・と、よく言われます。
お客様とそんな話をしながら、当日に向けての打ち合わせが続きます・・・・。

淡路島 日本最古の婚礼!伊弉諾神宮の大前婚儀

CIMG3896

国生み伝説で有名な伊弉諾神宮!
晴れの日の佳き日に大前婚儀が執り行われました。

只今、お支度場所の参集殿は工事中という事で
質の良い新しい木の香りが漂っていました。

徳島(鳴門IC)から、伊弉諾神宮までは高速で約1時間もあれば
余裕で到着!!
一宮ICで降りなければならないのに、この日に限り・・・
良い天気と綺麗な海に見とれているうちに・・・・・。、
通り過ぎてしまいました!!
次の北淡ICでUターン・・・早目に出発していたことが幸いでしたが
正直焦りました(・_・;)

無事、時間までに到着し準備です!
初めてお会いする新郎新婦ですが、事前にお二人のご様子は
お聞きしていたのでヘアーメイク・花嫁着付けのイメージはOK!!

当日撮りも済ませ、本番を待つのみ。
30人近い外での大前婚儀は珍しく、盛大に厳かに執り行われていきました。
週末という事もあり、観光客や外国人の方もいてWonderful!!と声が飛んできました。
日本の花嫁!!
仕事柄、私にとっては日常的に花嫁様と接していますが、改めて一生に一度の
大切な儀式に立ち会わせて頂いているんだと痛感させられましたし、
日本の花嫁様は「世界一!!」そんな風に感じました。

その後、北淡町にある「若海の宿」で祝宴。
日本海一望の絶景スポットです!!
ロビーで鏡割をしギャラリーからも大拍手!!!!
無事、この佳き日を終える事ができました。

伝説ある日本最古の婚礼が行われた伊弉諾神宮。
世界最古と言われる日本の企業「金剛組」が手掛けた「若海の宿」。
他では味わえない、伝統的な婚礼が体験できますね!

淡路島 伊弉諾神宮挙式

CIMG3875

9月に入り、初秋の候・・・、と文章にしたためたいところですが
雨空で梅雨のような・・・ぼんやりした日が続いています。

平日のこの日も、雨予報。
私達もそうですが、携わる皆が「式の間だけでも、晴れます様に・・・!!」
そんな思いで朝を迎えたことでしょう。

実は、スタッフの中に天気予報泣かせの
100%晴れ女がいるんです・・・!
100%雨予報でも、台風のような天気予報でも
そのスタッフがいる時は100%無事なんです。
晴天☀とまではいきませんが雨が上がるんです☀

スタッフ曰く・・・「この頃、私・・・、晴れ女じゃないんです(~_~;)」というのです。
根拠はありませんが、大丈夫!!いける!!変な確信がありました。

そして、やはり晴れました!!
途中、怪しい雲行きがありましたが
100%晴れ女は健在でした!

伊弉諾神宮のシンボルでもある夫婦の大楠の前。
青空の下で無事撮影ができた。、ご家族に見守られながら
厳粛に式が執り行われた事。お二人がとても幸せそうな笑顔でいれた事。
何よりも安心しました。

とても美しい花嫁様でした!
いつまでも、お幸せに♡