角隠しの本来の役割とは?

角隠しの本来の役割とは?

和装挙式の際に、文金高島田にしようか・・・?
洋髪にしようか・・・?どちらにしようか迷われて
ご相談を受ける事が多いです。

洋髪が多くなりましたが、
洋髪に綿帽子・・・?洋髪に角隠し・・・?
出来ますか?と聞かれます。

洋髪に綿帽子は、専用の小ぶりな綿帽子があり
ボリュームをキープさせる専用の道具もあるので
可能です。
しかし、洋髪に角隠しはバランス的にも髪の土台の造りからも
美しくないので出来ないとお答えします。
角隠しは、文金高島田が美しい姿です。

綿帽子も角隠しも、元々は婚礼用ではありません。
室町時代~桃山時代にかけて武家婦人の外出着の一部として
使われていました。昔は、現代のように洗髪が頻繁に出来ない
時代で、女性にとっては長旅・外出時に砂ほこりや汚れから
髪を守る為にかぶられていたものです。
テレビなどの時代劇を見ればよく見かけますが、旅する女性が
杖を持ち、日本髪に角隠しのような布を付けています。
それが、本来の役割といえます。

長い時代を経て西洋東洋文化が入り、日本の風習も変化しました。
挙式が終わるまで、新郎以外に顔を見せない・・・という風習が出来、
身近にあった綿帽子をかぶったとも言われています。
角隠しは、鬼嫁?角を見せないためと言われていますが、
綿帽子より歴史は浅く一般では、ハタキで家の埃を落とす時など
掃除の時に髪が汚れないよう使われていたので同じ役割だと言えます。

ず~っと昔の人が、このように婚礼で必要なものになるとは想像して
いなかったでしょう・・・そう思うと、将来こんなものが!!という何かが
ニューアレンジされるかもしれません!!

それでも、今も受け継がれる日本の花嫁の姿。
どのように変化し続けられるのか楽しみです。

忌部神社挙式での花嫁様の角隠し姿、
とても美しい姿でした。

春を感じる忌部神社での挙式

忌部神社での挙式

そろそろ、桜の蕾が所々にお目見えし始めました。
・・・、とはいえ、山はひんやりが残ります。

忌部神社も、お散歩する方がちらほら見るように
なってきました。

花嫁花婿さんが、挙式の前にする手水。
「寒いから・・・、どうしよう冷たいよね~。」
と言いながら、少し楽しみな感じでした。
巫女さんが花嫁さんに手水を・・・・、「あれっ?」
水は無く、かけるマネだけの手水。
冷たい!!と覚悟していただけに
「こんなもの?」という少し残念さ・・・。

手水もそうですが、挙式時間も神社によります。。
多くは、20~30分。
淡路島の伊弉諾神宮は1時間・・・。

皆さんの式の楽しみは色々なようで
こちらも、とてもご提案の参考になりました。

大麻比古神社 雨の挙式

大麻比古神社 雨の挙式

寒さ、まだまだ残る季節ですが
暑さ、寒さ・・・超え、挙式でお気の毒になるのは雨・・・。

ホテルや結婚式場でする場合は、問題なく行われますが、
大麻比古神社などの場合は、列席の皆さん新郎新婦のお二人にとっても
大丈夫かな・・・と、雨の時は不安になる一つです。

自然とは、そういうものではありますが、
楽しみにしていた本殿を前に撮る集合写真や
お式の後、皆さんで和やかな会話が弾み
記念のお写真タイム・・・など、
ほっとした後の、ちょっとの時間を思い描き
楽しみにしてくれています。

「これも一つの思い出よ」と言って、軒下に走るご婦人の姿。
若い方が、お年寄りの手を引き一緒に
小走りで駆け込む姿。
花嫁花婿さんが手をつなぎ、後ろから母が傘を添える姿・・・・、
それぞれの思いやる姿は、晴れた日には
もしかしたら気が付かないことかもしれません。

無駄なことは、一つもない・・・。
そう感じさせられる大麻比古神社での雨の挙式でした。

大麻比古神社の素晴らしい大瓦屋根

大麻比古神社の大瓦屋根

神社仏閣、宗派は違いますが私にとって
共通して素晴らしいと思うのは、日本の建造物の素晴らしさです。

理にかなった無駄のない丈夫な佇まいに、
堂々としたデザインの大麻比古神社。
山から下りてきた風を、す~っと感じさせる爽快さ・・・。
いぶし銀に輝く大瓦屋根に反射した光は、
どんなレフ板や照明よりも、素晴らしいスポットライトを
当ててくれます。

婚礼撮影の際に、東京から建築物を撮影されるプロのカメラマンに
お願いし、神社建造物の佇まいに同化する写真を撮られました。

日本にも誇らし素晴らしい物が、たくさんある事を
もっと日本人が感じれる時間があればと思います。

花嫁着付けコース

花嫁着付けコース

藍ぞの教室のコースの中に、花嫁さんをつくる専門のコース。
勿論、他の着付けが出来て自分でも着物を着れるまでになる。
和装服飾の歴史や専門的な事なども学びながら、
日本の花嫁さんを受け継いでいく目的で行っております。

徳島では、美容師さんが花嫁さんをつくることが多いようですが、
京都や他の地域によっては、舞妓さん芸妓さんの着付けを専門とする
「おとこしさん」のような本格的な着付け師も活躍しています。

特定した、日本の伝統的な着付けを伝承している為、専門的な
分野だと言えるかもしれません。

おかつら、ヘアーメイクは、時代に応じて変化するため
文金高島田は小ぶりで、色目も自然色になり
メイクもナチュラルで紅の色も薄くなりました。
時代の流れで変わりますが、初々しさ残る凛とスッとした花嫁さんが
目指すところです。

生徒さんも、目指すは理想の花嫁像を描いて日々、学んでおります。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

おすすめ婚礼プラン

古き良き日本の結婚式

レンタル衣装から着付け・ヘアーメイクまで、藍ぞのがトータルサポート!

おすすめフォトプラン

阿波の文化財をロケ地に

徳島の阿波文化を感じられる「藍ぞの」オリジナルフォトプラン。