白黒の婚礼写真

白黒の婚礼写真

昔懐かしの貴重な写真。

ご自宅でされた祝言の様子です。
床の間の前でご身内で撮られた大切な一枚!

花嫁様のお支度に時代を感じます。
どれが正しいという花嫁支度(着付け)は確定されておりませんが
時代により少しずつ変化していくものです。

花嫁様の顔立ち、体系や首の長さなどは勿論・・・・、
着付け師の左手に力が入る・・・右手に入る・・・・、
手首のひねりなどで仕上げや衿の角度、抜き方の癖が違います。

その時代の、流行もあるかもしれませんが
舞妓、芸妓さんの着付け師さんの間でも、
この衿の出し方は○○師の仕事かな・・・。この帯の高さは○○師かな?
と分かるようです。

昔も今も、写真を見れば時代の流行がよく分かりますね。
今回のお写真も、貴重なヒストリーです。

徳島の眉山一望!撮影時間

徳島の眉山一望

徳島と言えば・・・・。
阿波踊り以外にも、ロケーションは沢山あります。
その一つに、映画にもなりましが
さだまさしさん脚本の松島菜々子さん宮本信子さん出演の「眉山」!

「眉の如雲居に見ゆる阿波の山かけてこぐ船泊知らずも・・・・」
万葉集にも出てくる「眉山」。

昨年の夏には、松島菜々子さんが「眉山」で見た
淡いグリーンの着物を着て阿波踊りに出掛けたい!!
と県外からのお客様の着付けをさせていただきました。

知る人ぞ知る「眉山」を背に前撮り撮影をしています。
ひっそり地味ですが徳島の街と眉山。

ラウンジから窓越しに、記念の一枚。
煉瓦作りの暖炉が雰囲気を出してくれます。

大人の花嫁様!!
そんな一枚になりそうです。。

徳島和装婚礼・・・隠れハート♡

20150127ai

神社・仏閣など外に出向くことが多い藍ぞのですが
そのおかげでと言いますか、行く先々で楽しい発見をさせて頂きます。
隠れ○○!
挙式の待ち時間などに見つけてしまう事が多いです。

徳島の神社(阿波神社)本堂の扉の建具に使われている金具!
ハート♡?
ハート♡のように見えるだけかもしれませんが
発見!!
「おもしろ~い!」気になると気になるので
自然と目が他にもあるんじゃないかと欲を出し探してしまいます。
・・・・・・・・・・・・・・・・?・・・・・・・・・・・?
・・・・・・ありました!!
他にもハート♡♡♡が・・・・・!!

意味があってハートに♡にしたわけではないかと思いますが、
目に付いてしまいました。

これからも、ここに来ると探してしまうかもしれません。
とても静かな神社で、婚礼もしています。

密かに・・・・オススメです!

イラストパネル!花嫁様♡花婿様

イラストパネル!花嫁様♡花婿様

婚礼で、お世話になった花嫁様が描いたイラスト!!
花嫁様♡花婿様のビッグパネルです。

列席してくださった皆さんに楽しんで頂けますように・・・と
お二人モデルのウェルカムボードとして皆さんに
可愛がられていました!

待ち時間に、それぞれ顔を入れて写真を撮る方!
結構大きいパネルを見て背比べしている年配の方!
話しかける方・・・?

色んなアイデアで自分達オリジナルの演出をされていました。

その後、お二人のご好意で藍ぞのステッカーを作って頂き、
藍ぞのオリジナルパネルとしてプレゼントしていただきました。
これから色んな場面で、引き続き受け継いでいかせていこうと
思っています。

幸せの連鎖が広がれば嬉しいです (^^)

自分で決める吉日

自分で決める吉日

おめでたい行事は、お日柄が大切?
先勝・大安・友引・先負・仏滅・赤口・・・・・、
これを六曜といいますが、宗教的な概念から来たもの
ではなく元々は、賭博師のための暦。
太陽暦の導入に伴い明治以降に他の吉凶を表す暦注が
迷信にあたるとして禁じられた際に、唯一禁止を免れたもので
にわかに支持され人気が出た現代でいう、占いのようなもの?

四季に恵まれた日本では、古来から日本人独特の
時間の概念があるようです。全ての物に命が宿る・・・
という考え、日本人の精神と豊かな四季と自然を
繊細に感じるなか生まれた感謝と生きるリズム。
人生をマラソンに例えられることがありますが
スタートラインに立ち途中、苦境・・・
それを乗り越え有終!
昔はこれらを、四季で現されたのではないでしょうか・・・。

立春・春分・清明、草木萌動、桃始笑、など・・・・
季節の節目で始まりを決めることが古来からの
縁起だったように自然のリズムに自分が生かされる。

このように、日本人が日取りを気にするのは
幸福を願う人々から発したものであるといえます。
さまざまな行事の始まりがそうだったように
大安や仏滅にこだわるのではなく自分たちのリズムで、
記念の日や忘れられない日等々・・・・、
マイ吉日を持ってもいいと思います。
直感で!!その日を深く感謝する心があれば
その日が特別な日!
それが自分の吉日ではないでしょうか。。

かつて、花が咲くことを「笑(咲く)」と書いたそうです。
「桃花笑ころ、結婚します。」
・・・・なんて、自然でいいですね。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

おすすめ婚礼プラン

古き良き日本の結婚式

レンタル衣装から着付け・ヘアーメイクまで、藍ぞのがトータルサポート!

おすすめフォトプラン

阿波の文化財をロケ地に

徳島の阿波文化を感じられる「藍ぞの」オリジナルフォトプラン。