ドレスのような白無垢掛下姿

ドレスのような白無垢掛下姿

寒くなってきました。
撮影も場所を移動すればひんやりする季節となりました。

和装婚礼で、パーティー形式の食事会。
お色直しもなく、出来るだけ皆さんと一緒に楽しく時間を過ごしたい・・・
ご希望で、ゲームをしたり歌ったり、即興で色んな楽しい時間を
命一杯使う充実のパーティーでした。

しかし、メリハリは大事だという事でご両親への花束贈呈と
手紙のシーンでは、少し真剣にありがとうをつたえようと・・。。
衣裳を変えて・・・という時間も惜しくどうしようかと
みんなで考えました。

羽織っていた白無垢を脱ぎ、和髪飾りを大きな白い花に変え
掛下帯にWDのベールをリボン風に掛け、扇子を花に変え
おからげしていた掛下をお引きにもどし、WDのように
アレンジしました。

所要時間2分!!

扉の向こうで高速早変わり。。和装から洋装に変身したかのような
変わりよう!!

皆さんをお待たせする事もなく、イメージを変えてメリハリに成功!!

無事、感謝の気持ちを伝えるお手伝いができました。

良かったです・・・(^_^;)

大麻比古神社の伝説と伝承

大麻比古神社の伝説と伝承

大麻比古神社で婚礼のお仕事をすることもあり、
お客様からどんな神社なのか由来は?・・・など聞かれる
こともあるので、調べたり聞いたりしながら
たくさんの不思議と発見をすることがあります。

天皇が即位される時に欠かせない衣裳。
「あらたえ」 大麻の織物ともいわれ
阿波忌部子孫になる三木家が唯一作ることを許されている。
これは、今も続いています。
神武天皇の時代に、この地に麻の種を植えなさい・・・
といわれた時代から続いていると言われているようです。

その他にも・・・・
大麻比古神社のご神体にあたる大麻山の麓に日本最古の
前方後円墳・萩原1号墓があったり・・・。
奈良の桜井市にある
国内最古といわれている前方後円墳のホケノ山古墳は
これをモデルに作られてられていたり・・・・。

神社のお札、宮司さんが頭の上ではたはたしてくれる白い
はたきのような物・・・を大麻と呼ばれていたり・・・。

日本で唯一、イザナミ命だけを祀る伊射奈美神社があったり・・・。

他にも沢山の、そうなんだ~がありました。

あまり知られていないようですが、
結婚式では夫婦が末永く仲良く幸せであることを
願って夫婦の髪を麻糸で結ぶ儀式が行われいた時代もあった
とお聞きしました。

まだまだ、勉強することが沢山ありそうです。

祝宴と花嫁振袖

祝宴と花嫁振袖

藍ぞのでの挙式は、ご親族やごく久しい方での
祝宴がメインです。

お式は、白無垢・色打掛。時には十二単衣で・・・。
その後は、お洋服や振袖、訪問着に着替えての祝宴!

美味しいお料理を囲みながら、
和気あいあいと時間を過ごす・・・。

これを境に、振袖はミセスとしては着れなくなります。
何を着ようか迷っている花嫁様には、黒地の振袖でどうですか?
・・・とオススメしています!

というのは、他にも振袖で出席されている方は、
明るい色を着ていることが多いので
一目で花嫁様とわかるように、黒の本振袖のイメージを
オススメしています。
黒地の振袖も小物でかなり艶やかに目立つんですよ!!

この日ばかりは、主役ですね・・・!

豪華絢爛 金刺繍の色打掛

豪華絢爛/金刺繍の色打掛

前撮り当日、和装専門の藍ぞのでは
ドレスと違い衣裳選びも季節により選び方も
変わってきます。

四季に恵まれた日本では、季節感をキモノの模様で出す・・・。

ドレスや洋服は、形・デザインで表現されるのに対し
キモノは模様で表現されてるといえるのではないでしょうか。

花嫁衣裳も同様、季節感に加え縁起の良い物をからめながら
願いやお祝いの気持ちを込めたのでしょう。

それらは、どちらかといえば派手で大柄な模様が多く
色目も金銀赤紫など、パッと目を引く艶やかさがあり
遠くからでも一目で花嫁さんだと分かるほどでした。

現代は、シンプル化し黒地やシックな模様になり
柄にも季節感や縁起物を見る事もすくなくなりました。
現代のスタイリッシュな日本の花嫁といえるでしょう。

繊細な表現、意味付けた縁起物、願い・・・

その派手さは、たくさんの願いを表現した結果
あふれるぐらいの模様になった・・・。
そんな風に思っています。

その部分に着目して世界でも評価されている
日本の花嫁を手掛けていきたいと思っています。

成人式前撮りの思い出

成人式前撮りの思い出

藍ぞの着付け教室で、訪問着の着付けを習いに
来られた生徒さん。。

目的は、娘さんの成人式前撮りで家族写真を撮る!!
チャンスがあれば着付けを習ってみたいと思いという
タイミングが今回の成人式・家族写真だったそうです。
自分で着る!!を目標に、藍ぞのの門を叩いてくれました。

早朝から準備して出発するのを知っていたので
私も、時計を見ては気になっていました。
そして、目標無事達成・・・の連絡は、私もホッとします。

娘さんのイエロー系の振袖は目立ちますね。
振袖姿とっても可愛いです(^^)

娘さんの成人式のお祝い写真に合わせ、コツコツ頑張って
藍ぞのに通ってくれていたお母さん。

大切に育てられた娘さんだからこそ、成人式の思い出として
大切にしてくれることでしょう。

素敵なご家族ですね☆彡

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

おすすめ婚礼プラン

古き良き日本の結婚式

レンタル衣装から着付け・ヘアーメイクまで、藍ぞのがトータルサポート!

おすすめフォトプラン

阿波の文化財をロケ地に

徳島の阿波文化を感じられる「藍ぞの」オリジナルフォトプラン。