大麻比古神社での前撮り撮影!

大麻比古神社での前撮り撮影

6月に入り徳島も梅雨入りとなりました。
梅雨に入って困るのが撮影!!

前撮りロケがあるときは特に・・・
皆の「晴れますように・・・・!!」の願掛けが
欠かせません。

その甲斐があって、昨日まで降っていた雨も
嘘のように・・・梅雨の合間の太陽!!

青い空と、山・・・。大麻比古神社の瓦屋根が
太陽の光でキラキラ光っていました。

東京からカメラマンが、大阪から美容師さん
徳島からは、藍ぞのがお手伝いさせて頂きました。
衣裳は、作家手描き友禅!縮緬生地なので
軽くて肌馴染みが優れている白無垢を選ばれました。

お母様と一緒に選ばれた衣裳は、良くお似合いでした。

暑い中、お疲れ様でした :-)

花嫁衣装選びに悩む時は

花嫁様の本振袖/徳島県の着付け屋・藍ぞの

艶やかな花嫁様の本振袖。

前撮り・当日と花嫁衣裳を決めるのは、
結構迷い、悩むところだそうです。

自分の好きな衣裳?母が進める衣裳?
彼に聞いても「好きなのにすれば・・・・」の言葉しかない・・・
と見れば見るほど悩むそうです!!

昔は、誰が花嫁衣裳を選んでいたのだろう・・・?と考えた時、
嫁ぐ時の道具、衣裳はお母様が選ばれていたのではないでしょうか。
代々伝わる物を持って・・・と考えれば、現代のように迷う事も
無かったかもしれませんね。

いつもそんなお話にお答えするのが・・・・
「誰に一番喜んでもらいたいですか?」

ほとんどの方が「両親」とお答になります。

結婚式は、本人だけの為にするのではない・・・とよく言われますが、
仕事関係、親戚、お友達にお披露目する為だけでもない気がします。

お父さんお母さんの為に・・・・。

そこに基本がある方は、「お母さんどれがいいと思う?」

娘さんなりのありがとうの代弁・・・寄り添う姿を拝見できます。
とても微笑ましいです。

そんなお母さんが選んでくれた衣裳が、きっと一番似合う
花嫁衣装ではないでしょうか・・・。

私は・・・そんな気がします!

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

おすすめ婚礼プラン

古き良き日本の結婚式

レンタル衣装から着付け・ヘアーメイクまで、藍ぞのがトータルサポート!

おすすめフォトプラン

阿波の文化財をロケ地に

徳島の阿波文化を感じられる「藍ぞの」オリジナルフォトプラン。